「東京のいま」を代弁するバンド、Yogee New Waves。そのボーカルとして活躍する角舘健悟が今回、東京を離れ、台湾南部の最大都市・高雄(Kaohsiung)を訪れた。

旅についての価値観から、高雄の雰囲気までを語る、「高雄の旅を語る」章と、高雄のバンドSorry Youth(拍謝少年)の維尼(ウェイニ)と社会と音楽の関係に対するスタンスについて対談した「高雄の人と語る」章、そしてオフショットを載せた「写真編」にわけて掲載する。

INDEX
単独インタビュー「アートが溶け込んだ街・高雄を語る」
高雄のバンドSorry Youth(拍謝少年)と対談「東京と高雄の音楽事情を語る」

単独インタビュー「アートが溶け込んだ街・高雄を語る」

「どこの国に行っても土着的な人こそすごく優しいな」と感じました。

―角舘さんは、よく旅をされますか?
角舘:僕の祖父母が旅行好きで、子どもの頃にエジプトやモンゴルなどに連れて行ってもらった経験があって。だから、旅に行くことにもともと抵抗がありませんでした。大学のときもカンボジアや、インドネシア、あと台湾に行きましたね。

台湾のファンに薦められたという高雄のローカルハンバーガーショップ「丹丹バーガー」で食事をする角舘健悟
―旅をする上で、重視していることはなんでしょう?
角舘:普段の旅で大事にしていることは、友だちと行ったとしても「必ずひとりでぶらぶらする時間を作ること」。団体行動だと行くところが決まっちゃうし、観光地に偏ってしまうじゃないですか。だから朝早く起きて、現地の人々の暮らしがわかるローカルな場所に行ってみるんです。現地の人がどんな表情をして生活をしているかが、旅でいちばん気になることなので、今回の高雄でも朝早く起きて、街をぶらぶらしました。

ヴィンテージ雑貨や古着がところ狭しと並ぶ「前鎭二手貨」。あまりの品物の多さ、ディープさに角舘も驚きを隠せず
―土地勘のない海外でも、ひとりでの行動も平気なんですね。
角舘:そうですね。今年の初め、友だちに会うためにロンドンに行ったんですけど、彼の家に泊まる時間以外はだいたいひとりで行動していました。旅には慣れてたけど、ひとり旅はそれが初めて。ただ、ロンドンの人は冷たいって聞いていたので最初は億劫だったんですけど、道がわからなかったときも話しかければちゃんと聞いてくれて。そのときに「どこの国に行っても土着的な人こそすごく優しいな」と感じました。
こちらも変にカッコつけたり距離をおいたりせずに、思いっきり土地や人にぶつかっていけば必ずリアクションが返ってくるんですよね。それが理解できてから、自分は東京人として、東京で困ってる外国人を見かけたら積極的に声をかけるようにもなりました。

「路人珈琲」の店主は、ドラマーとしても活躍。角舘と、ミュージシャン同士の話に花が咲く

どの旅でも自分から一歩踏み出すことで何かを得られると思います。

―これまでで、特に印象に残っている旅はありますか?
角舘:カンボジアへ友だちとふたりで行ったときに、現地で僕と顔がそっくりなカンボジア人と出会いました。お互い拙い英語を使って、急激に仲良くなって。いつの間にか「俺たちブラザーだな」みたいなことも言い合ったりして……(笑)。だけどそのあと、「米を1升買って欲しい。寄付して欲しい」という話になり、こっちもそれは困ると言って口論になったんです。最後には口も聞かない感じにまでになってしまって。
仲良くなって絶交するまで、たった2時間くらいですよ! でも、こんなこと日本では経験できないし、思い返すと貴重な体験だったのかな。彼がそうなったのも必死で生きてるからこそだし、まさに現地で「人」を感じられた瞬間でした。ロンドンやカンボジアでもそうだし、どの旅でも自分から一歩踏み出すことで何かを得られるんだと思います。

分厚い豚肉が乗った「南豐滷肉飯」の絶品魯肉飯
―角舘さんは、ツアーでもアジアなどを訪ねていると思います。
角舘:アジアツアーで色々な国をまわったとき、いつも不思議に感じるのは、歌詞は日本語なのに、どの国の観客にも僕たちの音楽がちゃんと通じていること。言語の壁を越えて、自分の作った音楽を分かち合ってくれるファンのみんなと出会い、改めて音楽に人種は関係ないんだなって実感できました。
日本でのライブだと、母国語でそのままストレートに言葉の意味が観客に伝わるけど、海外だとそうはいかない。自分も言葉に頼らず、どう感情を込めるべきかをより吟味します。だから、それが伝わったときはすごく自信にもつながりますね。
あと、インターネットやサブスクのおかげで、いまでは世界中に自分のことを知ってる人もいるので、日本だけで活動しているのはもったいない。いや、むしろ世界って意外と小さいなって……(笑)。海外って意外に簡単に行けるんですよね。

2018年3月にYogee New Wavesでライブを行った高雄のライブハウス「草舎」

都会すぎない高雄だからこそ、「よく来たね!」っていう温かな歓迎の気持ちを地元の人たちから強く感じました。

―今回、台湾の高雄市を訪れました。台湾の印象はいかがでしょう?
角舘:台湾にはこれまでも何度か来ていて、現地の人と話をしたり、友だちを作ったりして思ったのが、「台湾の人は、他の国の人に比べて日本人に近いな」と。

角舘は、今回の旅の最中にさまざまな高雄の人々と交流を持った
―どんなところが近いと感じたのでしょう?
角舘:国民性みたいなものかもしれないけど、ちょっぴりシャイで、だけど知り合いになると一気に話が盛り上がる。性格が似ているから、話していても「こう話した方がいいんだろうな」ってこちらとしても気が遣えますね。
欧米だと自分の気持ちをストレートに話さないとわかってくれないけど、台湾人とはお互い最初は「探り合い」から始まる。そして少しずつ距離が近づいていくことに美しさみたいなものがあって、2回目に会った方が仲良くなれるんです。
あと、性格が似ているから好きな音楽も似てるんだと思います。欧米だったら「ジャーン!」で「It’s my life ~!」ですからね(笑)。そんなこと僕らは歌えないし、日本人や台湾人の心にはなかなか響かない。これまで世界の色々な国の人と出会いましたけど、台湾の人には特別シンパシーを感じます。

「蚵仔寮」にある、魚市場。カニを渡された後、店員の計らいでエビを刺し身で食べさせてもらった。
―高雄は、台湾の中でも日本人がよく行く台北とは少し異なる雰囲気の街だったと思います。今回、訪れていかがでしたか?
角舘:高雄は適度に都市と田舎が混ざり合っていて、すごく居心地が良いですね。台北には大都市の良さがあるけど、高雄は自然の中に人が土着的に住んでいて、だからこそ僕らのような外からの人間を大事に受け入れてくれる感じがします。
海の見える居酒屋で、現地のおじちゃんたちと一緒にお酒を飲み、カラオケでデュエットしたけど、多分そんなことは台北や東京ではなかなか体験できないことだと思います。

「心海飲茶館」でカラオケを楽しむ。角舘は坂本九“上を向いて歩こう”を熱唱した
―してましたね。現地の方々も、上機嫌でした。
角舘:「アーティスト」という肩書を取っ払って、日本人の自分としてカッコつけずに接することができました。それが嬉しかった。都会すぎない高雄だからこそ、「よく来たね!」っていう温かな歓迎の気持ちを地元の人たちから強く感じる。一生懸命僕らに対して、嫌な気持ちにさせないようにしてくれる心遣いが本当にありがたいし、だから僕らも高雄の人や街に思いっきり飛び込んでいけました。東京でのクールな探り合いと違って、高雄ではポップな探り合いができて、すごく心地良かったです。
角舘:もう1つ、高雄の魅力は街の中に、自然にアートが溶け込んでること。食堂街のような裏通りでもアートギャラリーのようなところを発見したし、高雄の人気カルチャースポット「駁二藝術區」も、港町ならでは倉庫をリノベーションして、そこにギャラリーや本屋が入っていて素敵だなと思いました。

グラフィティが描かれた壁面や、道端にアート作品が展示されている「駁二藝術區」。真っ暗な部屋に本が置かれた書店「無關実験書店」も衝撃的。
角舘:あと高雄にもし来るときは、是非地元のアーティストの曲を聴いて、現地を歩いてほしいですね。土地の雰囲気と音がリンクして、より街が立体化されるので。僕も高雄の街でSorry Youth(高雄を拠点にした3ピースバンド)の曲を聴いていたけど、彼らのリバービーな音と高雄の気候がすごくマッチして、より高雄の街を好きになりました。

高雄のバンドSorry Youth(拍謝少年)と対談「東京と高雄の音楽事情を語る」

信念を持って、音楽を続けて生きていくこと自体が、社会に対するメッセージになっていると思います。(角舘)

―今年チャイルディッシュ・ガンビーノ“This is America”が世界的に騒がれた音楽シーン。そのほかビヨンセやケンドリック・ラマーなど「社会的なメッセージ」を含んだ音楽が世界で注目されている点について、角舘さんと維尼(ウェイニ)はどう感じていますか?
角舘:“This is America”もそうだけど、人種差別など社会問題をエンターテイメントとして表現できるのは音楽ならではの良いところだと思う。でも、僕が住んでいるのは日本で、自分の身近に起こっていることでしか判断ができない。もしかしたら、人種差別されている人じゃないとその問題ってどう表現していいかわからないのかなって思います。
真意はわかりませんが、YMOが自分たちを「Yellow」と名付けたのは自然なことで、僕たちが「Black Yogee」と言っても仕方ない。なので、僕自身は自分のライフスタイルの圏内で起きていることを音楽にしています。

角舘健悟(Yogee New Waves)、維尼(Sorry Youth)
―より自分が身近に感じられるテーマで、楽曲を作っているということですね。
角舘:人種差別という話ではないかもだけど、自分の幼少時代の経験を話すと、親からのプレッシャーが強い家庭で育ってきて、99%が就職するような私立の学校に通ってたんです。その中でミュージシャンを目指そうとする自分は外れもので、常に「マイノリティー」という意識をずっと持ってきました。
こういう状態って社会の縮図で、社会でも圧倒的なマスに対して、自由業で食べていくという生き方やスタンスの人間って少数派なんです。でもそこに信念やアイデンティティーを持って、音楽を続けて生きていくこと自体が、社会の中で自分のメッセージになっているんじゃないかと思っています。
維尼:自分も、角舘さんと同じで、親からすごく厳しく育てられてきました。そんな僕が音楽に対して大事にしていることは2つあるんです。1つは自分の内面から出てくる感情で、2つ目は外からの情報収集や知識です。
特に台湾は社会的なルールも多いし、その中で自由を求めて音楽をしている人たちも多い。自分はミュージシャンという立場で、社会的に不自由な人たちがどうしたら自由になれるかを常に考えているんです。
新しいアルバム『兄弟沒夢不應該』(2017年)は、僕たちの拠点・高雄の若者が抱えている社会問題をテーマに作った曲が多くて。さらに具体的な社会問題を曲に取り入れるだけでなく、積極的にデモに参加することで、社会に対するメッセージになればとも考えています。

台湾は「自分たちが社会を変えていかないと自分たちの居場所がなくなってしまう」という危機感を持ってる人が多い。(維尼)

―音楽にかかわらず、台湾のアーティストやクリエイターは社会や政治に対してストレートに自分たちのメッセージを作品や活動を通して表現することが多い印象ですが、日本ではどうなのでしょうか?
角舘:自分は社会や国が持っている課題みたいなものに対して、「音楽で表現しよう」ということはしません。どちらかというと、自分の100m圏内の人たちがどういう生活をして、なにを考えているのかを意識して音楽を作っています。
角舘:もちろん日本にも社会や政治の問題はいっぱいあると思う。でも、それ以上に日本で生きる人たちの生活のために、自分がなにをしてあげられるかが大事だと思います。元メンバーはいま名古屋で銀行員をやっているんだけど、たとえば彼のためになにができるか。それをなんとなく思ってあげること、それが大事なんだと思います。
維尼:2014年に台北で「ひまわり学生運動」というものが勃発しました。これは、僕たち台湾の若者にとって「台湾人」というアイデンティティーをかけて立ち上がったデモとして、歴史的にも大きな事件だったんです。僕自身もデモに参加して、警察との衝突が最も激しかった行政院で留置所に入れられるという経験をしました。留置所の中で隣の人から「Sorry Youthの維尼ですか?」って聞かれたときは恥ずかしかったですけど(笑)。
角舘:恥ずかしがることない!(笑) 面白いエピソードですね。
維尼:これまでの歴史を踏まえても台湾は、「自分たちが社会を変えていかないと自分たちの居場所がなくなってしまう」という危機感が強いし、このデモ以降、さらにそれを意識するようになりました。この環境の違いが、台湾と日本の音楽に対するスタンスの違いにつながっていると思います。

台湾はさまざまな言語が共存している点があって、それによって音楽も変わってきます。(維尼)

―環境やスタンスが違う中で、東京と高雄の音楽には、それぞれどんな特徴がありますか?
角舘:ここ数年、日本はブラックミュージックをルーツにした音楽が流行っていて、チルアウト的なサウンドのアーティストが人気ですね。だけど10年前はパワフルで、どちらかと言うと「立ち上がれ」的なサウンド、ジャンルで言うとロックが人気だったと思うし、さらに10年前に遡ると、フィッシュマンズや渋谷系が人気だった。この「リラックス」と「激動」のサイクルが、そのときどきの日本の若者のモードとリンクしている気がします。
チルっぽさだけではもの足りず、前作『WAVES』(2017年)では少しロック寄りにサウンドを変えています。また、エスケーピズムが戻ってきましたが。あと、Yogee New Wavesに関係ないんですが、最近リズムマシーンを購入して、テクノを作ったり、90年代ごろのアシッドハウスを聞いたりしています。もともと Yogee New Wavesをやる前は、パンクバンドのドラマーだったしね。
維尼:え、ドラマーだったんですか? 知らなかった。台湾は小さい国だし、音楽やカルチャー全般の歴史が日本に比べると浅くて。1987年に戒厳令が解除されて、ようやく台湾が民主化してからが台湾のポップミュージックの歴史なんです。
けど、日本と同じように音楽のトレンドはあると思います。ちょうど「ひまわり学生運動」の頃は激しめのサウンドのロックやパンクが人気で、最近は落日飛車(Sunset Rollercoaster )というアーティストなど、チルアウトな音楽が人気なんです。政治や社会問題に対して、どこか落ち着き始めた空気感が関係しているのかもしれません。
維尼:あと台湾と日本の違いの1つとして、台湾にはさまざまな言語が共存している点が挙げられます。中国語、台湾語、客家語、そして原住民語。その言語によって、文化や生活の背景が違ってくるし、音楽自体も自ずと違ってくるんです。
僕らSorry Youthの歌詞は台湾語がメインで。高雄で中国語より歴史の長い台湾語と、自分たちの好きなロックを融合させたいと思っています。僕ら以外にも、高雄では最近台湾語をあえて使う若いバンドは増えてきているんです。

その土地で生まれた音楽を、その土地で聴くのがすごく好きなんです。(角舘)

―Yogee New Wavesも高雄でライブを行っていますし、Sorry Youthも東京でライブを行っています。お互いに、相手の地域で行ったライブを通して、感じたことはありますか?
角舘: 日本のファンとは違い、「キャーキャー!」と、アイドルばりの黄色い声援が多くて、すごく驚きました(笑)。日本だと割と静かに聴く人が多いので。

高雄の魚市場を歩くふたり(さらに現地の様子を見たい方はこちら>写真編に飛ぶ)
維尼:20年前、台湾で最初に流行ったジャンルがロックやパンクだったので、それが基本になってしまったんです。それ以降、ゆるめの音楽をやっても、ノリや反応が同じになってしまっていて(笑)。
角舘:そうなんだ! だからロックっぽい曲でもチルい曲でも反応がすごくて。
維尼:自分のライブでもそうですけど、1曲目で自分たちもまだまだ盛り上がる前なのに、客の方がすでに盛り上がってしまっていて。「え、ちょっとまだ早いよ」っていつも思う(笑)。あと、台湾ではライブハウスに1人とか少人数で行く習慣はあまりないんです。友達を誘ったり、大人数で行くのが主流かもしません。
角舘:へー! 「パーティー行くぞ!」みたいな感じなんですね。日本だと少人数が主流かも。1人で来る人も多いし。この間アジアツアーで韓国、台湾、香港、中国、タイと行ったんですけど、台湾は異色で、どんな曲でも踊るに踊る(笑)。「Yogee最高ー!」みたいな感じで盛り上がってくれて、それをステージから見ててすごく嬉しかったですね。

Yogee New Wavesがツアーでまわった高雄のライブハウス「草舎」
―Yogee New Wavesも含め、アジアでライブをする若い日本のバンドやアーティストが増えていますね。おふたりはどう感じていますか?
角舘:最初台湾ツアーに誘われたとき、台湾のみんなが自分たちの音楽に対して良い反応をしてくれたことに驚いたしすごく嬉しかった。これまでと違って、ネットを通じて好きな音楽が国境を越えて共有できること、本当に壁はないんだなってことを改めて感じました。
維尼:台湾で人気がある日本のミュージシャンやアーティストは3つに分けられると思います。1つ目は[ALEXANDROS]などのメジャーアーティスト、2つ目はenvyのように長年台湾でライブをしていて固定ファンが付いているアーティスト、そして3つ目はYogee New Waves や never young beachのような若手アーティスト。
僕ら台湾のミュージシャンにとっても3つ目のアーティストの音楽はすごく新鮮だし、可能性を感じます。そういうアーティストが高雄にやって来てくれるのは嬉しいし、励みにもなるんです。
角舘:ありがとう! 実は今日、車の中で雨の高雄の街並みを見ながら、Sorry Youthの曲を聴いていたんです。街の様子とすごくマッチして、維尼たちがなぜこういう音を作っているのかが理解できました。その土地で生まれた音楽を、その土地で聴くのがすごく好きなんです。きっと僕の住んでる東京でYogee New Waves を聴いたらきっと理解してもらえると思う。
あと、ファンの人の中には、海外に行ったときに僕らの音楽を無性に聴きたくなることがあるみたい。Yogee New Wavesの音楽は、エスケーピズム(逃避)とサバイバルの要素を含んでいて、だから海外でも東京を思い起こさせるんだと思うんです。
維尼:じゃあ次回東京に行ったときは、角舘くんの生活している街に行ってYogee New Wavesの曲を聴くね!